春を味わはなくては

家の周りの雪もすっかり溶け、気温もだいぶ暖かくなってきたので、外へ遊びに行きたいという気持ちが、むくむくと湧いてくる今日この頃。

ようやく思う存分マウンテントライクに乗れると思うと、やらなくてはいけない仕事もあるのですが、何かそわそわしてしまいます。

戸隠ではまだ草木は芽吹いていませんが、既にあちこちで桜の開花の知らせが聞こえるようになってきました。今までわざわざお花見に出かけるという習慣はなく、仕事で毎日山に居るときは、日々移り変わる季節を肌で感じ、桜はあちこちで目に入る生活だったので、自然と季節を満喫していました。

怪我をしてから、普段自宅にいるようになると、なぜか桜の開花の知らせが気になり、季節を味わいに外へ出たいという欲求を初めて感じ、このままでは春を満喫出来ないのでは、という強迫観念に似た感情が湧いてくるのでした。

桜の名所という所には行ったこともなかったのですが、長野ではかなりベタな須坂市臥竜公園へ、天気のいい夕方に、居ても立っても居られなくなって出かけました。

車椅子生活になって、やはり人込みは苦手になったので、既にピークを過ぎた臥竜公園をチョイスしたのですが、思った通り駐車場は余裕があり、駐車場のおじさんも手伝ってくれて、マウンテントライクを下すことが出来ました。

さてマウンテントライクをこぎだすと、久しぶりの外の清々しさ!

健常者の時には、気にもしなかった土の公園には、木の根やタイル舗装のような様々な凸凹。ノーマルの車椅子では、とても行きたいところへは行けませんが、マウンテントライクではこれくらいが気持ちいい!

散り始めた桜は兎も角、公園を無駄に2週してしまいました。

車椅子生活になると、なかなか味わえない、有酸素運動と季節の自然。どちらも満喫できました。

家に閉じこもり気味に、どうしてもなりがちですが、多くの車椅子ユーザーの方にも、気兼ねなく公園や自然の中に出かけて、この感覚を味わってほしいです。


RECENT POSTS:
SEARCH BY TAGS:
まだタグはありません。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now